「小児矯正」とは『あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)』と『歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)』を行う2段階治療を行います。
特にあごの骨の柔らかい、成長過程にあるお子様だからこそ可能であり、永久歯を極力抜かずに治療することが可能です。

成長力を味方につけた治療法

第1期治療
床矯正治療(6歳〜)

昼間と就寝時に装着する、取り外し可能な装置です。拡大床は、金属のねじを少しずつ回していくことで、横幅を拡大し、歯を並べるスペースを作ります。

第2期治療
マウスピース矯正(9歳〜)

歯の萌出時期から使用できるマウスピース矯正です。透明で目立ちにくく、取り外しができるので清掃不良による虫歯や歯周病リスクを軽減できます。

第2期治療
ブラケット矯正治療

成人の矯正治療と同じく歯にブラケットを装着して行なう矯正治療です。第1期から継続治療を行えれば、非抜歯での矯正治療になる可能性も高くなります。

その他:フェイシャルマスク

額と顎に付けた装置の間に、上あごを前に引っ張るためのワイヤーが付いた装置です。フェイシャルマスクを顔に取り付け、口の中に付けた矯正装置をゴムで前方に引っ張ります。
下あごが動くと上あごが前方に引っ張られる構造になっており、上あごの成長が 促されたり下あごの成長が抑制されることにより、上下のあごのバランスを調整します。また、フェイシャルマスクは着脱が可能です。

その他:ヘッドギア

ヘッドギア(加強固定装置)を使用し、上顎の骨の成長を抑制し、上下の顎のバランスをコントロールして治療します。
ヘッドギアを使用する目的のひとつは、装置の使用により上顎の骨を後方へ引っ張ることです。
これにより上顎の骨の成長を抑え、上顎が飛び出し過ぎないようにし、下顎とのバランスを整えます。

乳歯列期から、永久歯に生えかわる時期(混合歯列期)に行います。 お子様が本来持っている自然な成長を促し、あごの骨のバランスや大きさを整えていきます。
成長期に歯の生えている土台を治療していきますので、バランスのよい骨格、安定のよいかみ合わせをつくり、将来的に永久歯をなるべく抜かなくて済むように治療していきます。歯並びの問題は、お口まわりの筋肉(口腔周囲筋)の使い方や、姿勢の悪さが原因となっていることも多いため、成長期にこれらの根本的な原因についてもアプローチしていくことが重要です。

小児矯正症例

叢生・八重歯症例 永久歯抜歯なし

受け口症例

主訴 前歯の反対咬合(受け口)を気にされて来院
年齢・性別 10代女児
治療期間 3年6ヶ月
抜歯の有無 永久歯の抜歯はなし
治療費 495,000円(税込)
備考 経過観察中
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

小児矯正 メリット・デメリット

・顎の成長をコントロールできる
・お子様のコンプレックスを少なくできる
・非抜歯での矯正治療ができる可能性が高まる
・第2期治療の期間を短縮する可能性ができる
・指しゃぶりなどの悪習癖を早期で解消できる
・虫歯などのリスクを軽減できる

・しっかり装置を装着・管理する必要がある
・第1期治療のみだと綺麗な歯並びにならない場合もある
・異物感があり、発音しにくくなる
・一時的に矯正装置で見栄えが悪く思える事もある
(→マウスピース矯正をする事で改善可能)

小児矯正治療費

初診矯正相談
¥0
精密矯正検査・診断料
35,000円
混合歯列期の矯正治療 (1期治療)
450,000円
第II期矯正検査・診断料
15,000円
永久歯列期の矯正治療 (2期治療:永久歯が生え揃った後の治療)
500,000円
保定装置料
¥10,000~55,000

※料金表の価格は全て税込価格です。【各装置代、調整料込み】
※抜歯、虫歯治療が必要な場合は、提携医院にて実施いたします。

南林間で小児矯正を検討中の方

南林間駅周辺で小児にも対応できる矯正歯科をお探しの方は是非当院へお越しください。小児矯正治療から成長した後の成人矯正治療まで、一貫した治療をご提供することが可能です。お子様の歯並びや指しゃぶりなどの悪習癖でお悩みの方まで、お気軽にご相談ください。