歯と顎の大きさの不調和(歯が小さく、顎が大きい)、歯の欠損などが考えられます。

目次

  • すきっ歯の原因
  • すきっ歯の基本的な治療法
  • すきっ歯の成人矯正症例
  • 南林間ですきっ歯治療をご検討中なら

すきっ歯の原因

生まれつき歯の先天性の問題

生まれつき歯の数が少ない・歯が小さい(矮小歯)先天性欠如の場合、顎のスペースが余ってしまうため、すきっ歯になりやすくなります。生まれつき歯が多い過剰歯の場合、歯茎の中で埋まったままになる可能性が高くなります。埋まった歯が障害となり、歯間に大きな隙間が生じます。

上唇小帯に異常がある

上唇小帯という唇と歯茎を繋ぐ筋が成長に伴って小さくならない場合に、前歯の隙間に入り込むことによって、すきっ歯になる場合があります。

幼少期の悪癖(舌で前歯を押すなど)

指しゃぶりや舌で歯を押したりするなど、幼少期の悪癖によって歯列が広がり、歯と歯の間に隙間が生じる場合があります。

すきっ歯の基本的な治療法

歯に埋まった過剰歯や上唇小帯の異常の場合は、外科処置を施します。歯周病が原因の場合には歯周病治療を行い、担当の歯科医師と相談しながら矯正治療の計画を立てていきます。

根本的な原因が解消した後に、歯を適切な場所へ移動していきます。また、悪癖が原因の場合には矯正治療と並行して筋機能療法を施し、悪癖もいっしょに改善していきます。

すきっ歯 成人矯正症例

部分矯正すきっ歯症例 抜歯なし

部分矯正すきっ歯の矯正治療例(30代男性・治療期間6ヵ月)

主訴 前歯の隙間とねじれを気にされて来院
年齢・性別 30代男性
治療期間 6ヶ月
抜歯の有無 なし
治療費 220,000円(税込)
備考 ワイヤーによる部分矯正
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

大和市ですきっ歯でお悩みの方は

林間矯正歯科では、矯正担当医がすきっ歯(空隙)の矯正治療を実施いたします。矯正無料相談やセカンドオピニオンも実施しておりますので、お気軽にご相談ください。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので大和市にてすきっ歯(空隙)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。