叢生(そうせい)・乱杭歯(らんぐいば)、八重歯と呼ばれる歯並びです。
歯と顎、歯茎の骨の大きさの不調和により引き起こります。
子供の時であれば身体の成長を利用して、小さい顎を歯の大きさと調和できる大きさまで成長を促進することにより、歯を抜くことなくきれいな歯並びに治療することが出来る場合もあります。

目次

  • 八重歯・叢生の原因
  • 八重歯・叢生の基本的な治療法
  • 八重歯・叢生の小児矯正症例①
  • 八重歯・叢生の小児矯正症例②
  • 八重歯・叢生の成人矯正症例①
  • 八重歯・叢生の成人矯正症例②
  • 八重歯・叢生の成人矯正症例③
  • 南林間で八重歯・叢生治療をご検討中なら

八重歯・叢生・乱杭歯の原因

顎や歯の大きさの不一致

顎の骨が小さすぎる場合や、永久歯が乳歯と比較してサイズが大きい場合、歯が生える場所がなく叢生となりやすくなります。
永久歯のサイズが大きい場合、真っ直ぐに生えてこず、斜めに生えてくることもあります。
部分的に重なり合っている叢生は、食事の際に食べ物が挟まりやすくなります。さらに、歯並びが不揃いなことにより、ブラッシングが隅々までしっかりと行われず、口腔内を衛生的に保つことができないため、口臭の発生や虫歯のリスクを高めてしまいます。

乳歯の早期脱落

乳歯が永久歯が萌出するよりかなり早く抜けてしまうと、空いたスペースに周囲の歯が倒れ込み、永久歯が生えるスペースがなくなってしまうことがあります。結果叢生や八重歯の原因となります。
重なりあった状態ですと清掃不良が起き、歯周病や虫歯・口臭の原因となります。

叢生・八重歯の基本的な治療法

小児の場合、取り外しのできる「床拡大装置」を用いて歯列全体の幅を広げて、歯を並べるスペースを確保します。真ん中には拡大ネジがあり、患者さまご自身で少しづつネジを回して広げていきます。1日12時間以上の装着が必要で、食事の時意外は取り付ける必要があります。

大人の方の矯正治療の場合、インプラント矯正装置を用いて奥歯を後ろに動かすことで歯を綺麗に並べるのに必要なスペースを確保することができます。非抜歯での矯正治療の方法で極力ご提案できるように心がけております。

IPR法(ディスキング)で両隣の歯のエナメル質を専用のヤスリを用いて0.2mm程度削ります。痛みもなく虫歯になるリスクもありません。ほんの少しの隙間ですが、少しづつ削ることで歯を動かす隙間を設けていきます。

叢生・八重歯 小児矯正症例①

叢生・八重歯症例 抜歯あり

八重歯症例10代

主訴 上下の歯のでこぼこを気にされて来院
年齢・性別 10代女児
治療期間 3年4ヶ月
抜歯の有無 上下左右1本づつ
治療費 990,000円(税込)
備考 ブラケット矯正
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

叢生・八重歯 小児矯正症例②

叢生・八重歯症例 抜歯あり

主訴 八重歯と前歯の隙間を気にされて来院
年齢・性別 10代男児
治療期間 2年1ヶ月
抜歯の有無 上下左右1本づつ
治療費 1,045,000円(税込)
備考 スクリューネジ使用
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

叢生・八重歯 大人の矯正症例①

叢生・八重歯症例 抜歯あり

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(20代女性・治療期間2年)

主訴 上下の凸凹を気にされて来院
年齢・性別 20代女性
治療期間 2年
抜歯の有無 上下左右1本づつ
治療費 1,045,000円(税込)
備考 スクリューネジ使用
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

叢生・八重歯 大人の矯正症例②

叢生・八重歯症例 抜歯あり

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(20代女性・治療期間2年5ヵ月)

主訴 上下の凸凹を気にされて来院
年齢・性別 20代女性
治療期間 2年5ヶ月
抜歯の有無 上下左右1本づつ
治療費 1,045,000円(税込)
備考 スクリューネジ使用、銀歯サイズによる噛み合わせ
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある ・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

叢生・八重歯 大人の矯正症例③

叢生・八重歯症例 抜歯あり

叢生症例 30代

年齢・性別 31歳8か月
主訴 犬歯が気になる
治療期間 2年4か月
抜歯の有無 抜歯、上顎:左右第一小臼歯、下顎:左側第一小臼歯、右側第二小臼歯
治療費 720,000円(税込)
備考 唇側矯正(ラビアル)
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある ・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

林間で叢生・八重歯の治療を検討中の方

林間矯正歯科では、矯正担当医が叢生・八重歯の矯正治療を担当します。当院では、患者さまに適した装置をはじめ、非抜歯での矯正治療など幅広い治療法をご提案いたします。費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので南林間周辺にて叢生・八重歯の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。